自信を持っているビジネスマン
  • ホーム
  • 仮想通貨投資に危険はないのか?

仮想通貨投資に危険はないのか?

日本円の札

仮想通貨投資ではカウンターパーティーリスクが懸念されます。
これは取引相手が債務不履行になることやデフォルトを起こされて取引が完結しないことです。
多くの人々に影響を与えたのは2014年に、当時世界で最大の規模を誇っていたビットコイン取引所のMt. Goxが、ユーザーのビットコインを持ち逃げした事件です。
ハッカーの攻撃を受けて盗まれたと発表しましたが、実際は内部で行われたことだと考えられています。
Mt. Goxに預けたビットコインが戻ることはなく、第三者に仮想通貨を預ける危険性が露見しました。
その後もセキュリティを向上させたとして多くの取引所が宣伝しましたが、投資家たちは同じ事件に遭遇することも少なくありません。
カウンターパーティーリスクは全て自己責任となるので、規制が非常に厳しん従来の取引所で株に投資する方が安全です。
仮想通貨に投資する場合は、カウンターパーティーリスクをどれだけ抑制できるかがポイントです。
取引所で円を仮想通貨に変える時は、良い値段がついたところで入金して注文を約定させ、出入金手続きを終わらせることで第三者に預ける時間を短くできます。
またブロックチェーンテクノロジーを採用している取引所を優先して利用します。
ブロックチェーンは分散型のコンピュータネットワークで、中心的存在なしに信頼のおける合意まで導くものです。
分散型システムを阻害するには、地球全体を破壊する隕石が宇宙から降ってくるなど人類が滅亡するほどの被害に遭わない限りありえないとされます。
全ての取引データが世界中に散らばることで、ハッキングを防ぐことができます。
また一部の権力者に操作されることなく、自由な取引ができます。

関連記事