自信を持っているビジネスマン
  • ホーム
  • マイナンバーによって変わる投資税制

マイナンバーによって変わる投資税制

話し合っているビジネスマン

最近、よく話題にあがるマイナンバー制度ですが、まだまだ仕組みを理解できていない方も多いのが現状です。
特に資産運用を行っている個人投資家の方は要注意です。
今後手続きなどが必要になりますので情報をしっかりと得ておく必要があります。
投資をしている人が気をつけたいのがマイナンバー制度が導入されることによって必要になる手続きと今までとの違いでしょう。
そもそもマイナンバー制度とは2016年から始まる「社会保障・税に関わる番号制度」のことをいいます。
国民一人ひとりに12桁の番号を割り振ります。
これによって納税実績や年金などの社会保障の情報を一括で管理しようとするものです。
現在、投資に対する関心の高まりから証券口座を開設する人が増えています。
この証券会社へマイナンバーの通知が義務化されます。
これから口座を開設したい方、具体的には2016年1月1日以降に開設する方は口座を開設するときにマイナンバーの通知が必要です。
2015年以前に開設した方も2018年の年末までに口座を開設している証券会社へマイナンバーを通知する必要があります。
2015年までに口座を持っている方は2016年初めから2018年末まで3年間の猶予期間がありますので、それまでの期間はマイナンバー通知しなくても今までどおり取引ができます。
マイナンバーを通知することで証券会社が税務署へ提出する書類に記載されます。
この結果、インターネットで簡単に確定申告ができるようになります。
また、税務局はマイナンバー制度導入により申告漏れを把握でき、税金を納めてもらいやすくなります。
個人投資家にとっては、これまで以上に自分の税金への理解が必要になり、税務局は確実に税金を納めてもらえるようになるのです。

関連記事